不動産査定の基本

不動産査定の計算方法

不動産査定の基準とポイント

不動産査定の基本

マンションを売却する時の不動産査定や鑑定方法は、基本となる部分があるんです。

不動産査定の方法も、一つではないということです。

その基本となる部分というのは、「原価法・取引事例比較法・収益還元法」この3つが不動産査定の基本となっています。

「原価法」とは、対象の不動産を仮にもう一度、建設や造成した場合にはいくらになるかという鑑定評価の方法です。

そして「取引事例比較法」とは、査定を依頼したマンションと、そのマンションによく似た条件のマンションの最近の取引事例をもとに比較して算出する方法です。

日当たりや風通し具合、周辺環境、駅や公共機関までの距離や、築年数などが算出されます。

「収益還元法」とは、そのマンションの価値を図る意味で、将来どのくらいの利益を生むかという観点から査定される方法です。

一般的に、新築のマンションの場合ですと原価法が用いられ、中古マンションや一戸建ての住宅の場合は取引事例比較法、投資を目的とした物件には収益還元法の査定方法が用いられる場合が多いです。

これらの項目で総合評価し、比較した上でマンションの査定価格が抽出されることとなります。

このような流れで不動産査定は行われていきます。

< 関連情報サイト>
住まいるダイヤル

Copyright (C) www.nomorebrokenhearts.net. All Rights Reserved.

不動産査定の基準とポイント